2005年08月24日

事例3をじっくり

現在事例3に時間をかけて取り組んでいます。
まずは昨日OZさんからアドバイスいただいたように全体像を把握する作業として段落ごとに
小書きといいますか、簡単なコメント入れつつざっくり読んでいます。
頭の中でイメージしようとするのですが、これは今の段階では難しいですね
固有名詞の苦手感を払拭するという点に関しては与件を何度も読んでいるうちに
なんとなーくわかったようなわからないような感じになってきました。
今までの事例3への取り組み状況からすると進歩したような・・・。いやきっと進歩してるぞ!
自分を無理やり納得させつつ、しばし事例3と格闘しようと思います。

明日朝からは事例4です。ちょっとドキドキ。。
posted by ケイ at 16:59| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「2004.8.17の崖っぷちについて」拝読しました。
今、高校生の娘が生まれた頃は、イデオロギーの強い職場で働いてしました。「思想信条の自由」を何かとを口走る上司は元市会議員で、私に特定の政党を支持させようとしました。演説好きな理事長は参議院議員、その他、労組の幹部や議員達が自由に出入りする職場でした。そして、彼らの支持政党は今はなきS党です。
「党員になることが出世の条件!」これで私は退職届けを提出しました。
ケイさんの境遇と似ているのかどうかは分かりませんが、悩みは共通のような気がして、つい書き込みました。
Posted by おじさんライダー at 2005年08月24日 19:42
To.お…ライダーさん
何とコメントしていいのやら…。イデオロギーが非常に強く偏った職場なので、普通に民間企業へ勤務されている方には分からない世界だろうと思っていたので、ブログで職場のことを書くのを遠ざけていました。
コメントいただいて、あまりにも似た境遇のため少々驚きつつ、気持ちを理解していただける方がいらっしゃることに対して本当に心強く感じています。これからもよろしくお願いします。

ちなみに、僕は日々の業務以上に、選挙になると自分の中の矛盾と葛藤がはじまります。今回も突然選挙が降ってきました(涙
※選挙になると強制的に有給を取らされ、選挙に行かされる職場なので。。。現状では何の政党かは公開できませんが、ある意味、S党と言っていることが似ているような政党ですね。

こんな職場に勤務しつつも、診断士を目指した当初の気持ちを忘れることなく、これからもがんばろうと思っています。ある意味診断士の勉強は仕事のことを考えなくて済むオアシス的な拠り所になりつつあります(w。



Posted by ケイ at 2005年08月24日 22:59
ケイさん、コメントありがとうございます。ヒロ−Tです。
お返事遅れまして申し訳ありません。私は単身赴任中でして、ブログの投稿が週末しかできません。それも、毎週できるとは限らないため、こうして遅ればせながらご挨拶させていただきます。

06年試験に向け今週の月曜から新たに勉強を開始しました。貴ブログを私のブログにリンクさせてもらいます。時々情報交換をさせて下さい。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ヒロ−T at 2005年08月26日 22:05
To.ヒローTさん
コメントどうもありがとうございます。
こちらこそ、情報交換させてください。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ケイ at 2005年08月29日 14:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。