2004年08月28日

成長

今日上京していた両親が帰省する。我がJrと遊んで非常に楽しんだようでほんとうによかった。しかし、ケイにとってはTACの講義に参加できなかったという代償がついた。昨日のTAC2次講義は運営だったと思います。
もし、ログ閲覧者の方で感想いただけるのであれば、教えてもらいたい。
今はなんだか骨抜きのような状態ですが、先日夕方にTACに足を運んだ際に、窓口で診断士試験の申し込みをしているサラリーマンの方を見かけた。昨年の自分を重ねつつ、その方のやる気や熱意が背中から漂っていました。そんな姿を見て、再度自分自身を見つめなおしました。周囲の人には絶対に最後まであきらめないと豪語しているにもかかわらず、敵前逃亡しているのではないのだろうか?鉄心石腸をつらぬかなればならないと改めて思った。つまり、火がつき始めたのである
まだまだ波に乗っているとは言い難いが今自分に出来ることが何なのかを考えた上で下記の内容をこなすこと決めた。

@TAC2次講義にて参加できなかった試験はすべてネットで公開する
A簿記カセット講座をやりきる(11月試験にむけて)
B家庭と試験勉強の両立(これが一番難しいが・・・)

自分にとって何がベストなのかは分からないし、手探り状態だけど、手探りしながら得るものも多いはず。
ついたばかりのはかない炎を消さないようにしなければ。
posted by ケイ at 09:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。