2004年12月16日

年功序列って。。

昨日出張からもどってきました。
本日出社すると、50代のお局から、ガミガミ。。。更年期障害か?と言いそうになるが我慢我慢(ストレス急上昇↑である)
よって、朝からテンション下がりっぱなしである。

さて、話は変わるが僕の会社は完全年功序列制の給与体系です。仕事は若いもんが!が
口癖の職員がとてつもなく多いのである。
ついでに出てくる言葉が、君たちの時代は給料でなくなるんじゃないの?というこれまた非常識極まりない言葉が真顔で語られるのです。
ちょっと、愚痴になっているのですが、この年功制は今のご時世本当にいかがなものなのか・・・。僕としては、成果給信者ではないのですが、完全な年功制はモチベーションの低下を促進するということに確信がもてました。位置付けとしては、成果によって賃金の判断基準が困難な場合は、年功制であると「経験」というものに判断基準がいく。しかし、この経験が怪しい。年功制を導入されている多くの場合は、僕の会社のように年齢=経験という考え方であろう。昔は年を重ねるごとに経験が溜まったのであろうが…(推測)1日中インターネットみて過ごす。普通に考えるとこんな社員はクビである。この1日インターネット又は1日中若い社員を捕まえて説教といいいますか、説法(人生訓)かなりくだらない(w、は経験としてカウントされるものなんだろうか?いまいち納得がいかない。なんども言っちゃいますが、僕が社長であればやつ等は即クビである。しか〜し、僕の会社では、自主退職以外の解雇はいままでないのである。身内の傷をなめあい隠しあう。。なんだかなぁ・・・っと思いつつ、愚痴っている自分が悲しい今日この頃である。

学習のほうですが、出張中は、中小政策対策として購入したTBCのテキストを読んでいました。現在テキストの3分の1程度読みましたが、年内には2順目を終わらせようと思っています。

本日嫁さんとJrが帰ってくるため、DQ8は当分の間休眠状態となります。せっかくLv32まで上げたのに・・・ここまで約32時間を費やしたのでいつの日か、ゲームができる環境になったときに再開することにします。あー残念・無念(涙
posted by ケイ at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1310208

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。